家を建てようと考えているみなさん、建売という言葉は聞いたことがあるでしょうか?
多くの方がどこかしらで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

では、青田売りはいかがでしょう?馴染みがない人も少なくないかもしれません。
建売は、土地と建物をその名の通りセットで売り出す方法です。

それに対して青田売りは、土地のみをまず販売して、その後に建物を建てていくという手法になります。一見すると同じように感じるかもしれませんが、実は料金の面であったり、お宅のカスタマイズの方法だったりで大きな差が出てきます。

料金を重視される方は建売がベストでしょう。
土地の値段と、その土地に適した建築物をプロが用意していますので、非常に効率のいい作業が可能となり、結果全体の経費を浮かせることができます。

一方で青田売りの場合、どうしてもこの土地がほしい、この土地にこんな家を建てたい!
という強い希望やこだわりのある方におすすめです。
どちらも良し悪しがあります。信頼できるパートナー企業を見つけて、
あなたの夢の住宅を是非目指して下さい。