住宅周辺の液状化発生率を確認

住宅に居住するとなると、しばしば安全度の高さが求められます。
それで安全に関する要素も色々とありますが、たまに地盤に関する事柄が注目される事もあるのです。

そもそも自然災害などは、いつ生じるか分からない一面はあります。
時には住宅が立地している場所に対して、急に地震が生じる可能性もあるでしょう。

それで地震で怖い要素の1つに、地盤変化が挙げられます。そもそも土壌によっては、やや弱いこともあるのです。
あまり虚弱な土壌ですと、液状化が発生してしまう可能性もあります。
したがって住宅を購入する段階では、できるだけ液状化が発生しづらい所を選びたいものです。

液状化発生率は、過去マップ等で判断できる事は多いです。
少なくとも過去において沼地になっていたかどうかは、マップで確認してみると良いでしょう。

また地名なども注意を要します。沼や池などの名前が入っている地名ですと、過去に沼地だった可能性があります。
それだけ液状化で発生する確率も高まりますから、地名も意外と大切なポイントなのです