中学受験を終え、無事に本人希望の学校に入学が出来ました。はっきり言って自分の息子なのかと
思うほど、勉強が好きで、こんな難関校に通えるなんて本当に自分の息子なのかと疑うほどでした。

 
非常にまじめで優しく温厚な息子だったのです。しかし、入学して半年彼に異変が起きたのです。
もちろん起きたら、急に変わっていたなどはありません。しかし、急に勉強しなくなったのです。

 
以前は、止めても楽しいからと勉強させて欲しいと言っていた息子なのです。どうしたの。
しかし、これは夢ではなく現実でした。最初は信じられませんでした。受け入れられない私がいました。何度か本人とも話し合いをしようと試みましたが、無理でした。これが反抗期なのでしょうか。そのうち勉強しないだけではなく、ゲーム依存症かと思うほど熱中し始めました。

 
私も戦う気で取り上げたりもしましたが、なかなか繰り返すだけで改善しない日が続いています。
しかし、とってもかわいい日もあります。一瞬ですが、昔に戻ったのかなと期待してしまうのですが、やはり戻ってはいません。もう戻る日は来ないのかなと落胆してしまう日もあります。しかし、
私も親として負けていられません。前を向かなくては、進んでいかなければいけないのです。

 
こんな短期間で、反抗期が到来するなんて、それも受験が終わり、ほっとした時間が持てるようになったばかりなのに、でも息子も苦しんでいるようです。私もつい口が滑ってしまい、息子を傷つけてしまう事も多々あります。しかし、それも謝ればいいのです。そう思って我慢していることも多々あります。このようにして反抗期は乗り越えられるか不安になりますが、自分を責めても始まりません。

 

だから、自信をもって息子に体当たりしていくつもりです。何と言っても自分のかわいい息子ですから。まだ心の余裕がなく、反抗期を楽しむまで至ってません。しかし、いつか反抗期を楽しめるように、その時まで我慢比べで頑張っていきたいと考えています。

 

いつかこの反抗期も終わりが来ると思って頑張ります。子どもも子供なりに悩んで罪悪感も抱えているようです。だから根っから悪い人間になったわけでは無いと思います。

 

いつか戻らなくて新しい息子になっても、それは成長したと考えられるようになれたらいいなあと考えています。