リビングダイニングに半透明の引き戸の収納で広々住宅

ダイニングスペースの収納の扉はアクリルの半透明にすると、部屋全体は広く見えるのでオススメです。とくにリビングルームとダイニングスペースが一緒になっているリビングダイニングと呼ばれるタイプ、そしてキッチンも同じフロアーにあるようなタイプの家は、なおのこと収納部分の引き戸は半透明にするといいでしょう。ただ収納の引き戸を半透明にするだけで、奥行きが出て開放感を感じられる空間になるのですよね。

最近では狭小住宅に一室空間タイプが採用されていることからもわかるように、キッチンとダイニング、それにリビングルームが一緒になっているタイプの部屋は、壁のスペースを節約できてそして双方のスペースの効果で限られたスペースを広々と使うことができるのですよね。

そしてとどめは、収納部分の引き戸を半透明にすることです。木目調の引き戸にするよりも、半透明のものにする方がつまった感じがせずに奥行きが出るのです。ですから限られたスペースでも狭苦しい印象にならずオススメです。