設計の段階でちょっとしたアイデアを夫婦間で出し合い検討しました。その中の一つが、茶の間と台所の一体感を求めてその間に長さ1.5m、幅35㎝程の「カウンター」を付けました。これは妻の強い要望です、確かに食事時には料理が出来たらカンターに乗せ食卓まで運ぶのは便利です。

コーヒータイムには夫婦揃ってカンターに腰を掛け世間話をしながらコーヒーを飲むのも良いものです。そのような理想を求めて作りましたが、子供が小さい頃は動きが激しくジットしていませんね。あっちへ行ったりこっちに来たり、本やおもちゃ等を次から次へと出すので居間は綺麗に片付いている事がありません。ですからカウンターに腰かけてコーヒーを飲む余裕なんて殆ど無かったです。

でも子供たちが成長し、この家から卒業した後は夫婦二人の生活です。やっと当初の念願が叶い、小さな花畑を見ながら時々コーヒーを嗜んでいます。夫婦の会話もこの時には弾むのでカウンターを作っておいて良かったとつくづく思います。