知り合いの業者だと案外大変かも

もう20年以上前になりますが、実家の建て増し工事をしたことがあります。一人暮らししていた祖母を引き取るための増築工事でした。
ここで重要なポイントとなるのが業者さん選びです。信用がおけるか、アフターフォローはしっかりしているかなど見極める点はたくさんあります。なかなか難しい問題ですが、一つの選択肢として身内や知り合いの業者に任せることもあるでしょう。後でギクシャクした関係になっても困りますから、お願いせざるを得ないということも多いと思います。
実はうちがまさにそんな状態でした。業者選定の一つの基準として、複数の見積りを取ることがありますが、その中でも一番高かったのが知り合いの業者でした。そうと分かっていても、他の業者に頼むことができなかったのです。
本当は2階建てにしたかったのですが、材料費の関係で無理やり平屋建てに変更されてしまいました。やたらと太い柱・梁を使うので、耐震強度としては申し分ありませんが、そこまで材料にこだわらなくても・・・と家族全員思いました。他の業者なら、予算内で2階建てをつくることは十分可能でしたから。
手抜き工事をされたわけではありませんが、知り合いだけに施主側の方が遠慮してしまった感じがあります。問題が生じても、知り合いなので文句が言いにくいという人の話もよく耳にします。これから家を建てるという人には、その辺もよく考慮することをおすすめします。