制限が多いマンションリフォームはストレス

マンションリフォームの悩みといえば、マンションによっては自由にリフォームができないところでしょう。私が所有しているマンションはリフォームに関しても比較的自由におこなうことができたのですが、知人のマンションはいろいろと制限が多いそうで、「好きなようにできない!」とリフォームの打ち合わせ段階からフラストレーションがたまりまくりだったそうです。

知人のマンションは、管理会社が指定している建設会社がリフォームを担当するのですが、「あれはダメこれはダメ」と、とにかくまあ制限が多いそうで。「設備の交換はいいけれど、メーカーはここ一択で」ですとか、「洗面カウンターにはしないで洗面ドレッサーにしてください」といったように。

入居時からつけられていた洗面ドレッサーから、洗面カウンターに変えるにしましても、知人が自分で費用を持つ上に、使用する面積自体は変わらないからいいかと思いきや、管理会社からは許可がおりなかったようで。

理由があるのかもしれませんが、知人はリフォーム前提でマンションの部屋を買っていますので、「話が違う」と怒っていましたね。ですから、リフォームを視野に入れてマンションの部屋を買う場合は、リフォームについてもしっかりと確認した方がいいでしょう。「話が違う!」ということになっては、買ったことすら無駄のように思えてしまうかもしれませんから。