中古住宅リフォームは下調べが重要です。

とにかく安くしたかったのと流行りのリノベーションに憧れて、中古物件を購入しリフォームして住むことになりました。

水回りや空調などの設備がもともとない物件で、それらを新設置するための配管工事や電気工事が必要でしたのでそのあたりは新築住宅とあまり変わらないかなと思っていました。築年数が古かったので外壁や床の補強、水漏れ対策や断熱材の吹き付けなどで土台の補強に想像以上に費用が掛かりました。それでも新築よりは安くなっているようですが、住まい給付金などの減税もリフォーム住宅でも要件を満たしていなければ受けられない場合もあるそうです。

工事にかかった費用はトータルすると建売住宅と変わらない位の金額になりました。今から中古住宅を購入してリフォームを検討されている方は物件の築年数が浅いことは言うまでもないですが、建物の建材はどんなものが使われているかとか補修にいくらかかるのかなどの情報収集をしっかりしたほうが良いと思います。